電子情報通信学会2018年度論文賞

対面行動を計測するウェアラブルデバイスに関する研究が電子情報通信学会2018年度論文賞を受賞しました.

蜂須拓,潘雅冬,松田壮一郎,バティスト・ブロー,鈴木健嗣:
複数人による双方向の対面行動を計量する頭部装着型デバイス,
電子情報通信学会論文誌,vol. J101-D, no. 2, pp. 320-329, 2018.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください